早漏治療薬であるプリリジーに含まれているダポキセチンの効果時間についてご紹介いたします。ダポキセチンの効果時間は約6時間です。性行為の約30分から40分前に服用することで射精時間が2~3倍延びるのでおすすめの治療薬となっています。

色々な薬と笑顔の男性
  • ホーム
  • タイのジフェンヒドラミンはダポキセチンと同じ効果

タイのジフェンヒドラミンはダポキセチンと同じ効果

早漏は男性にとっては大きな問題になります。
本人の自尊心を著しく傷つける症状です。
また本人だけでの問題ではなく、パートナーにも影響を及ぼすことがあります。
性行為は、パートナーとより良い関係を築くためには欠かせない行為です。
日本はその点を軽く見ている傾向にあり、特別問題視しない傾向にありますが、カップルにとっては深刻な問題を生む原因になることがあります。
性行為を妨げるものがあるとするなら、それを改善することから始めてみましょう。
ジフェンヒドラミンは睡眠導入剤として使われている成分です。
日本の薬局でも購入することができるジフェンヒドラミンですが、これはダポキセチンと同じ効果があることがわかっています。
ダポキセチンは射精を遅らせる医薬品であり、いわゆる早漏改善薬になります。
ジフェンヒドラミンを使うことで、ダポキセチンの代用品になります。
ダポキセチンが入手できない場合、ジフェンヒドラミンを使って射精のタイミングを遅らせることが可能です。
ただ市販で売られているジフェンヒドラミンで射精が遅れるのかというと、それは少し難しいです。
市販で売られている医薬品の効果は、それほど高くなく、それはジフェンヒドラミンにも同じことが言えます。
しかしタイで売られているジフェンヒドラミンを使うと、ダポキセチンと同等の効果、またそれ以上の効果を得られる可能性があります。
タイの医薬品は、タイ人用に製造されており、日本人には効果が出やすい傾向があります。
しかし効果が出るということは、それだけ副作用が強く出る傾向があります。
そもそもジフェンヒドラミンは射精のタイミングを遅らせるための成分ではありません。
注意して使うようにしてください。