早漏治療薬であるプリリジーに含まれているダポキセチンの効果時間についてご紹介いたします。ダポキセチンの効果時間は約6時間です。性行為の約30分から40分前に服用することで射精時間が2~3倍延びるのでおすすめの治療薬となっています。

色々な薬と笑顔の男性
  • ホーム
  • ダポキセチンの服用タイミングはいつ?

ダポキセチンの服用タイミングはいつ?

笑っている中年の男性

ダポキセチンの服用タイミングは基本的にはセックスの1時間前が良いとされていますが、毎日服用を続けている場合は、セックスの時に服用する必要はありません。
ダポキセチンはSSRIの薬なので3週間程度服用すると効果を実感できる割合が高くなるので、効果が感じられない場合にはダポキセチンを継続的に服用して、脳内のセロトニンを増やす必要があります。
セックスの1時間前に服用した場合には射精の時間が2分程度長くなるとされていますが、毎日服用していると射精の時間が5分程度長くなる場合もあるので、効果が実感できない場合には服用を続けることでメリットが大きくなります。
早漏はストレスが原因の場合が多いので、ダポキセチンを服用することで緊張感や不安感が軽減されるので症状が完治する場合がありますが、薬を服用しながら認知行動療法などを行うことで、さらに効果を上げることができます。
早漏は1分以内に射精をしてしまうので、子宮まで精子を届けることができません。
それによって不妊になることがあるので、ダポキセチンを服用して早漏を改善することで不妊の原因を取り除くことができます。
副作用としては射精障害や性欲の低下がありますが、継続して服用していると副作用も少なくなるので、早漏がなかなか改善しない場合は24週間程度服用をして脳内のセロトニンを安定させることが重要です。
ダポキセチンの薬は日本では医療機関で購入することができますが、保険が適用されないので費用が高くなる傾向があります。
個人輸入でインドで製造されているジェネリック医薬品を購入することができますが、偽物が多く流通しているので慎重に業者を選んで、リスクについて十分に理解をしてから購入しなければなりません。

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ